Press "Enter" to skip to content

教育図書の出版社一声社 朝起きたらなんと自分が見ず知らずの田舎町の女のコになっていましたい

教育図書の出版社一声社。久美子社長のひとり言。スタッフブログ201303まで。

朝起きたら、なんと!自分が見ず知らずの田舎町の女のコになっていました!いっ、入れ替わってる???!隆之介くんだったらまず最初になにをしますか??やっぱり「お約束」ですか??

アノコレ袋神木隆之介への質問

将来に遺伝子を残すために進化を続けて来たあらゆる生物の頂点に立つ、我々人類が見つけ出した、最も効率のよい、生き残り術こそが、「協力」だったのです。もちろんすべて持っていく人もいました。日本人として、誇れる数字ではないでしょうか。?人間の「協力性」を実証する実験です。 時々、ズズゥ?、ズズゥ?と何かを引きずるような音も???。寝泊りしている建物と、食堂や風呂のある建物は別棟べつむねで、なんと、2つの建物の間に道路が走ってる。鹿には全く通用しない。ゴミで床が見えへん???。冬になると木を買いに歩きます。アフリカから始まった人間の20万年に及ぶ歴史の中で、他の生物にはない、人間がここまで発展できた理由をさまざまな角度から探るドキュメンタリー番組です。

そして、百合は大好きな花なんだ。 まあ、荷物といってもほとんどないんやけど、部屋を綺麗にして明け渡すのが、これ、社会の常識やから、散乱してたゴミをかき集めて、寮の食堂のほうでいっせいに燃やすんやね。ある閉ざされた空間番組ではすべての窓を布で被った車を使用で一人きりにされて、目の前にいくらかのお金を置かれます。。 寮の中で履いているスリッパで外に出てもええけども、外用の靴で寮の中を歩いたらアカン! これは、絶対的な掟やった。「鹿は臆病な動物やから、びっくりさせたら逃げるやろ!」と。毎日のニュースでも、殺人、強盗などのニュースも多いです。

戸を開けたおっちゃんが、ふと目を上げた途端、目の前を猛烈なスピードで走り去っていく巨大な影???。故郷の街中まちなかには、鹿、歩いてませんしねぇ。「あの百合、久美ちゃんが植えてくれたんだね。おっちゃんが寮の2段ベッドの下で心地よい眠りをむさぼっていると、廊下をコツコツ、コツコツ、コツコツと誰かが歩く音がする。特に私の話の中で、何故、サロン名がゆりの森なのか…その事に心が動いたようで、涙を流しながら聞いてくれました。」「えっ? お母さんが植えたんじゃないの?…私はお母さんが植えてくれたんだとばかり思っていたのよ!」??????義母は、私の話に、しっかり耳を傾けてくれました。

ただし、残った分を目の前にいない他人に与えることにします、とも。NHKスペシャルは大好きで、時間があればよく見るのですが、特にこういった「科学もの」、大好きです。あいかわらず、大きな黒い目でおっちゃんをじっと見つめたまま、同じ歩調で近づいてくる。スタッフブログ201303まで。鹿が人を襲う? それだけでも信じられへんかったのに、鹿の攻撃方法なんか知るわけないやんか!  と内心では思いつつ、先輩には逆らえまへん。決して完全ではありませんが、人類も捨てたものではないな、と思えるお話でした。 鹿は、何も聞こえないかのごとく、歩調も一切乱さずにこちらに近づいてくる。

天国で私達を見守っていてくださいね。馬みたいに蹴けるんとちゃいます?」 一緒に新聞室にいた寮の先輩?Mさんが、おっちゃんに声をかけてきた。 あの時、「ゴミ袋を捨てろ!」と教えてくれた声は、奈良の大仏か、猿沢池の亀か、平城宮跡の木簡か、はたまた鹿せんべいか奈良漬か。そして、その木を、春の芽吹きがふく前に、残雪がまだあるときに伐採します。教育図書の出版社一声社。その上自分だけの力では子供を出産することも難しく、その子供も未熟な状態で生まれてくるため、自分以外の多くの助けを借りていくしか、生存し続けることすら難しかったわけです。

「奪い合えば足りぬ。二人で、庭の大きな鉢の中で咲いている綺麗な百合を見ながらお茶を飲んでおりました。「百合はね、山で切った木を慰めてくれるんだよ。今回のスペシャルで、特に印象的だったエピソードがありました。 寮では、半年に1回、部屋変えをする。」しかし、私達がその与えられた年を創造していきます。そのモノの名は??????、野良鹿! 以後、夢ゆめ、お忘れなきように。あれは、部屋変えの翌日の朝やった。ゴミが散乱して床が見えないはずの廊下が、戸が開くところだけ綺麗になって、扇形の床が現れたことは、このお話の筋には全く関係がない。

脅すのは!」せっかくの先輩の忠告を、おっちゃんを「怖がらせようとしてるんやぁ」と、無理に受け取って納得したはずやった。そう思ったら他人事ではありませんね。父は伐採の時に、他の木を傷つけずに、見事に倒します。実は私の父は材木屋を営んでおりました。」私の手を力強く握り、暫く手を離そうとしませんでした。昨年の東北大震災をきっかけにTwitterでもよく目にする機会がありました。でもね、無理するんじゃないよ。「じらさんと、教えてくださいよ?」「鹿はなぁ、蹴るんとちゃうで! たたくんやで」「たたく? 人間みたいに張り手か何かで?」「ちゃうちゃう! まあ、ヨネも、いつか分かる日が来るで。

もっとも、おっちゃんは靴なんかほとんど持ってないから、この掟は全然苦にならんかったけど???。「おいヨネ! 鹿って、どうやって人を襲うか知ってるか?」「いや、知りませんよぉ。おっちゃんは、なおも、「向こうへ行け!」と叫びながら、ゴミ袋を振り回した。そのうちにな???」なんや、なんや? その不気味な終わり方は???。私の胸の内に、なんとも言えない焦燥感がやって来ました。そして、この行動が、現在の人類にも脈々と受け継がれているわけです。 コツ、コツ、コツ???。鹿の巻 完 久美子社長のひとり言。

まだ早い時間、いくら寝ても寝たりないおっちゃんは、眠い目をこすりながら、うつむき加減に歩いてたんやけど、道路を渡りきったかな、というところで、向こうから近づいてくる大きな影に気がついた向こうと言うのは、ゴミの集積所方面。おっちゃんは、どんどん怖くなった。私はどれだけの人々に支えて頂いているのでしょう。義母の顔の傍らに、そっと百合を手向けました。56%が自分で取り、44%を他者に残したとのことです。「やめてくださいよ?。分け合えばあまる」?これは相田みつをの詩です。 もっともそんなものは、後々のアンビリーバブルな信じられない事態に比べれば、大阪で阪神ファンに出会うくらいに当たり前のことやった。

頑張ってね」と、言ってくれました。しかし、その日から遠からずして、ついに「未知との遭遇そうぐう」を果たすことになろうとは、奈良の大仏でも予想できひんかったやろ???。まだまだ世界中で戦争、紛争の類は後を絶ちません。「なんで、逃げへんのやろ!」その時や、あの新聞記事を思い出したのは???。?全く会ったこともない、これからも会うことのない、全く見ず知らずの他人のために。その上、地球規模の火山の大噴火による、大規模な温度低下という危機を克服するために、家族、親族のみならぬ、「他人」と協力するという行動を、生き残るために必要な手段として選択したというのです。

パンフレットには、 ゆりの森=森羅万象 百に合う=百合 とあります。「情けは人のためならず」との言葉もあります。おっちゃんは、大学の寮に住んでたんやけど、ここは古?い木造2階建て、廊下にはゴミが散乱して、部屋の中はその廊下をさらに散らかしたような有様。「お母さんありがとうございます。コツ、コツ、コツ、コツ???。人間ともっとも近い動物である、DNAにも1%の違いしかない、チンパンジーにもこのような行動はできないそうです。被験者は「その中から好きなだけ持っていってよい」と言われます。私の想いを受け取ってもらって、支えてもらって今がある。

良かった、良かった……。一番多く持っていった国でも、20%は残したそうです。今、私はそのページをみていますが、見ながら涙が止まりません。完全に一人きりの空間ですので、人の目を気にする必要はありません。体は大事にするんだよ。東京営業所 井田東京営業所井田です。あれは、おっちゃんが大学1回生1年生のこと。<おっちゃん 鹿に襲われる の巻>「ジョギング中の主婦 鹿に襲われ死亡」―また今年も出たか、犠牲者が???。「こら?!」と、おっちゃんは声を上げてみた。 その日の朝も、1回生のおっちゃんは、ほれ、使い走りみたいなもんやから、先輩のゴミとかいろいろゴミ袋につめこんで、ゴミの集積所まで歩いていった。

』と、励ましてくれました。ナンマンダブツ???―。この実験を世界中、老若男女、さまざまな国、さまざまな人種の人たちに実施したのです。それが、人間の本能だったとは???。新しい年を迎えました。おっちゃんが奈良に来て、何をびっくりしたと言って、早朝の商店街でゴミあさりしている野良犬ならぬ野良鹿の姿。お世辞にもキレイとは言えへんとこやったけど、おっちゃんにとっては、小奇麗なお部屋では決して学べへんことを、学んだ場所やった。そんな厳しい掟を破って、寮生ともあろうものが、高そうな革靴で早朝に廊下を歩き回るとは! 寮生は、夜は遅くまで騒いでいるけど、大変な朝寝坊で、こんな時間に起きてる奴なんか一人もおらん!おっちゃんは、珍しく朝早く目が覚めたのと、腹立たしいのとで、「どんな奴か、顔見たろ!」と、部屋の戸を開けた。

久美ちゃんは、この頃、元気になったね。人を見ても、全く動じる気配はなし。この行動を、番組に出演していた、科学者、考古学者等は、口を揃えて、「協力行動」と言い、この行動は、すべての生物の中で、人間のみが持っている本能であり、これこそが、人間がここまで進化できた最重要の要因だというのです。「なっ、なんや?」事態がまだうまく飲み込めないおっちゃんが寝ぼけてるんかも知れんし、慌ててそやつが走り去った方向を見ると、そのモノ者は廊下の端はしで急激に方向を変え行き止まりやし、出口に向かう瞬間、おっちゃんを見た!  その真っ黒い大きな目で! そいつは、毛深いし、足も長い!そのモノが、風のように走り去った廊下には、散乱した生ゴミと、寝グセのついた髪の毛を逆さか立ててあの頃は、逆立つくらいには髪の毛があったんやなぁ、おっちゃんも、口を開けたまま間抜けな顔をして突っ立っているおっちゃんだけが取り残されたのであった???。

おおらかで、たまに私の辛い胸の内をお話しすると、『大丈夫、大丈夫、きっとうまくいくよ。お父さんが久美ちゃんを想って命名したいと天国で想っているんだね。アフリカで生まれた人類の先祖は、強靭な肉体も牙も爪も持ってはいませんでした。「協力」は「情け」とも言えるでしょう。ただ、すべての結果を総合した、国ごとの平均で、すべて持って行ってしまった国はひとつもなかったそうです。ちなみにこの記事のタイトル、「56:44」とは、前述の実験の、日本国内での結果です。振り返ると、亡き二人の親から励ましてもらったサロンゆりの森葬儀場で、花嫁衣装でお別れしていく義理の母。

全て持っていくこともできるし、全てを他人に与えることもできるわけです。ありがとう。たぶん義母は、お別れがわかっていたのかもしれません。しかも、革靴か何かで、廊下を平気で歩いて!」当時、男子寮には厳しい掟おきてがあった。そのモノ者は、静かにこちらに歩いてくる。 「誰や、こんな朝早うに。「そうなんだ…ゆりの森それは、久美ちゃんのお父さんが願っている、サロンの名前だね。伐採の名人でした。」その話を以前、実の母にすると、「父は百合の花が大好きだから、女の子が生まれたら、百合子と命名する予定だったんだけど、いざ待望の女の子が生まれて、百合子と命名する決意で役所に行ったら、何故だか、久美子と命名して帰ってきたしまった」と。

おっちゃんは、その時までは、まだ鹿を甘く見ていた。それは、誰も、知らない???。棺の傍らで、主人の涙を、義理の妹の涙をみつめながら、お別れの切なさを見届けていた私に、フラッシュバックのように思い出がよみがえってきます。主人が心から私の想いを感じて表現してくれたパンフレット。 本年も宜しくお願いいたします。また、父は百合の花が大好きで、伐採後の山に百合の花を植えては満足な顔をしていたものです。中にはとても人間ができた人もいて、すべてを見ず知らずの他人に与えるとした人もいました。そうや、ゴミ袋を捨てたらええんや! おっちゃんは、夢中でゴミ袋を鹿に投げつけて、猛然とその場を走り去った!「Mさん! 分かったで! 鹿の攻撃方法が!」「そうか! よう無事に帰ってきたな! 鹿の攻撃を見た者は、三途の川を渡ると言うからな???」 あれから四半世紀以上、おっちゃんはいまだに三途の川を渡っていない。

義母との思い出は、後から後から溢れてきます。私は、この体験から、亡き二人の親から頂いたメッセージを土台に、心から励んでいこうと思います。関西の大学ではこういう言い方をするの頃、男子寮の談話室で新聞を読んでた時のことやった。決して悲観することはないのだ、と。番組で、ある実験を行いました。「ジョギング中の主婦 鹿に襲われ死亡」??????猛烈に恐ろしくなったおっちゃんが、逃げようとしたまさにその時や! 鹿が、十分な間合いを持って、前足を2本、大きく振り上げたんや!「これか、M先輩の言うとった、鹿の攻撃方法ちゅうんは???」おっちゃんの頭の中を、それまでの人生がぐるぐると回りかけた瞬間、「何してんのや! ゴミ袋を捨てろ!」と、おっちゃんの頭の中で声がした。

寮では、中庭に鹿が歩き回っているどころか、こんなこともあったでぇ!春やと言うのに、奈良はちょっと冷えこんで肌寒いある日の早朝のことやった。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です