Press "Enter" to skip to content

かぜとインフルエンザの違いは この時期にインフルはなりますか

「かぜ」と「インフルエンザ」の違いは。季節性インフルエンザにご用心。インフルエンザの発生状況について。

この時期にインフルはなりますか?

友人が一昨日からインフルらしいですがなかなか流行りの時期から外れているなぁと。

◆手洗い、うがいの習慣を 外出先から帰ったら、手洗いやうがいを行いましょう。ところで、かぜとインフルエンザの違い、わかりますか? 実はこれって重要で、原因や症状だけでなく、対処法も違うんです。◆部屋の湿度を50?60%に保って 乾燥した環境ではウイルスが増殖しやすいといわれています。 また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。◆栄養バランスのよい食事を 栄養バランスのよい食事を心掛け、ウイルスに対する抵抗力を身につけましょう。加湿器などを使用して、部屋の湿度を50?60%に保つよう心掛けましょう。

「大して変わらないのでは?」と油断していると重症化してしまうこともあるので、注意が必要です。「かぜ」と「インフルエンザ」の違いは。また、乾燥は喉や鼻の粘膜の防御機能を低下させます。インフルエンザの発生状況について。季節性インフルエンザにご用心。※本コンテンツは、日本調剤が発行した啓発小冊子Vol.2「かぜ?インフルエンザ」の内容に基づき再構成されたものです。国立感染症研究所感染症情報センター愛知県インフルエンザ情報ポータルサイトへ戻る。 普通のかぜの多くは、のどの痛み、鼻水、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまりみられませんが、インフルエンザはそれらの症状のほかに突然の38度以上の発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が現れます。

アデノウイルス?ライノウイルスのどの痛み、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、発熱などのど、鼻など局所的インフルエンザウイルスA型?B型?C型高熱38~40度、頭痛、関節痛、強い寒気、せき、強い倦怠感、のどの痛み、鼻水などそれはからだに関わる免疫力。 インフルエンザは、毎年12月上旬から1月に流行が始まり、1月から3月にかけて流行します。インフルエンザの予防については、以下のWebページをご覧ください。※特定の医薬品を推奨するものではありません。ご本人が自覚される症状等がある場合は、早めに医師?薬剤師へご相談ください。□ くしゃみ?鼻水あるいは鼻づまりが出る□ 激しい悪寒がする□ 関節痛がある□ 激しい倦怠感?疲労感がある□ 熱は38度以上ある□ 地域?学校?会社などでインフルエンザが流行している抗ヒスタミン薬マレイン酸クロルフェニラミン、ジフェンヒドラミンなど解熱?鎮痛薬アスピリン、エテンザミド、アセトアミノフェン、イブプロフェン、イソプロピルアンチピリンなど鎮咳薬デキストロメトルファン、ノスカピン、チペピジンなど漢方薬葛根湯、小青竜湯、桂枝湯などまた、予防接種を受けるインフルエンサ?ワクチンを接種することて?、重症化や合併症発症のリスクを軽減することか?て?きます。

また、うがいは喉の粘膜を清潔に保つだけではなく、乾燥を防ぐ効果も期待できます。 なお、愛知県では平成30年/31年シーズンは、A 型AH1pdm09、AH3 及び B型 ビクトリア系統、山形系統 インフルエンザウイルスが確認されています。特に、ビタミンCは免疫力を高める効果があるといわれているため、積極的に摂取するよう心掛けましょう。日頃から免疫力を高める生活を心がけ、かぜやインフルエンザに負けない体をつくりましょう。消毒用アルコールを使用するのも有効です。県内の定点医療機関数:195政令市?中核市の発生状況は以下のページをご覧ください。?今シーズンを含め過去5シーズンの週別のインフルエンザ患者数の推移をグラフ化したものです。

一般的にはインフルエンザの方が症状の重い場合が多く、どちらも免疫力や抵抗力の弱い人?呼吸器系の持病のある人にとっては、命にかかわる重篤な合併症を引き起こす可能性もあるので気をつけましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です