Press "Enter" to skip to content

根岸ステークス2019 明日の東京11Rキャピタルステークスどの馬買います

根岸ステークス2019。東京新聞杯2019。ジャパンカップ国際招待東京11R。

明日の東京11Rキャピタルステークス、どの馬買います?

根岸ステークス2019。特に前走敗退から距離短縮した馬の好走が顕著で、該当馬は2014年以降連勝中である。舞台となる東京ダート1400mは向正面2コーナー寄りの周回コース上からのスタート。とはいえ緩やかなコーナー部分で息が入りづらく、なおかつ高低差2.4mの急坂を含む長さ500mの最後の直線によって前に行った馬も楽はできず、差し?追込が台頭しやすくなっている。2008年以降では前走1600万下勝ち馬が2勝しているが、どちらも当日5番人気以内の高評価で、なおかつ1番人気馬の単勝オッズが4倍以上という混戦模様の年であった。アリガトウゴザイマス!最内枠に決まったときは嬉しいなと思いましたし、キタサンブラックが近くの枠だったのが目標を置きやすい非常にいい枠順だったなと思います。

日本の馬が強いのはわかっていますが、シュヴァルグランもその中の1頭だと思います。レースはこの馬にとって非常に理想的なペースで流れていました。レースの位置付けとしてフェブラリーS前哨戦ではあるものの、中2週のローテを嫌ってこのレース以外からのステップを取る馬も少なくない。各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなりますジャパンカップ国際招待東京11R。枠順の幸運があったとは言え、キタサンブラックがいいペースで逃げているところをキッチリ捉えるあたり、彼シュヴァルグランの強さを褒めてあげてください。日本に来て3回目で勝つことができて、とても嬉しいです」。

関東馬は2009年以降、2010年3着のオーロマイスター、2018年1着のノンコノユメの2頭しか馬券圏内に入っていない。しかしながら、息を入れたい3コーナー手前からの下り坂でペースが落ちないことに加え、525mの最後の直線には急坂が待ち構えているので、スピードだけでなく底力も試される。一番走りやすいペースで行けましたし、最後も本当に力強い走りでした。施行コースの東京芝1600mは2コーナーからスタートして3コーナーまで550mほどあるため、ポジション争いはそれほど激しくならない。今日は本当に強かったです。「ロンジン?ワールドベストジョッキーシリーズの優勝を、最終的にこのレースを勝って決められて本当に栄誉に思います。

このため芝スタートなるほかのJRAダート1400m戦のような外枠有利の傾向もなく、前半のペースも極端に速くなりにくい。よって東京左回りコース巧者や1400mを得意とする馬の参戦が目立つ。近年の前走ローテ別成績では秋のG1もしくはG2の阪神カップ、同距離の京都金杯、ニューイヤーS組がほぼ互角となっている。オフシーズンのG3だが、安田記念やヴィクトリアマイルと同コースで行われる上半期唯一の古馬重賞ゆえか、G1戦線を戦ってきた馬たちの参戦も少なくない。なお東西別では関西馬が圧倒的優勢を誇っており、2009~2017年と連続して勝利。各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります東京新聞杯2019。

キタサンブラックは強いとも思っていましたけれど、あと200mのところでまだまだ手応えがあって、僕の叱咤に応えてくれて、勝ちを確信しました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です