Press "Enter" to skip to content

国公立大学ランクの格付け 福知山公立馬鹿大学は 何故有る

国公立大学ランクの格付け。daikyoto。就職にめっぽう強い「地方大学?学部30」。

福知山公立馬鹿大学は 何故有る

光リュミエールを宿したからか、夏池のプロジェクトは映画であったと私は思う。白いものが黒く劇的に変化するのではない、関わった人のなかでじわりじわりとポジティブな変化を促すというものである。そういう意味ではとても新鮮で、藤浩志& 2/2fujistudio.coの作品を見つけると同時にマチの断片を発見して、それらを繋ぎ合わせてまたマチになるというような仕掛けだった。それは我々自身のようでもあり、痛々しくも滑稽で愛おしいのだ。このふたつの事業を同時に成立させるのは一筋縄ではいかない。アーティスト?イン?レジデンスの成果発表としてみれば、プログラムがアーティストへ新しいチャレンジを促し、そのチャンスを提供できたといえるし、アーティストもまた、そのチャンスを十分に活かしたとみている。

小さい小さいささやかなものだろう。大京都に至るまでにはアートが地域と段階的に関係を構築してきた。学費負担を抑えることができるし、高校からすれば公立大学への進学実績は高校のアピールにもなるからだ。京都府立医科大学奈良県立医科大学和歌山県立医科大学福島県立医科大学お茶の水女子大学東京医科歯科大学京都工芸繊維大学熊本大学教育学部生涯スポーツ福祉課程を除く静岡大学地域創造学環除くどのランクにも記載がない医歯薬看護を除く国立大学理系と英語教員養成を除く主要4教科教員養成課程神戸市外国語大学愛知県立大学小学校教育コース以外の教育福祉学部は除くBランクまでに記載がない教育学部主要4教科教員養成課程以外の国立大学文系弘前大学※農学生命科学部と理工学部、放射線技術と検査技術はBランク秋田大学※国際資源学部資源政策と理学療法はBランク岩手大学※農学部と理工学部はBランク山梨大学※生命環境学部地域社会システムはBランク鳥取大学※農学部と医学部生命科学はBランク山口大学※農学部と国際総合科学部はBランク愛媛大学※法文学部と教育学部主要4教科、農学部と工学部社会デザインはBランク佐賀大学※農学部はBランク鹿児島大学※法文学部の法学と心理学、理学部地球環境、理学療法と作業療法、農学部と水産学部はBランク北海道教育大学札幌校舎以外福岡女子大学国際教養学科はBランク都留文科大学国語教員養成はBランク京都市立芸術大学愛知県立芸術大学群馬県立女子大学山口東京理科大学長崎県立大学地域創造学部除く熊本県立大学環境共生学部と英語英米文学科はCランク公立千歳科学技術大学公立はこだて未来大学秋田県立大学4年間秋田キャンパスはCランク山形県立米沢栄養大学公立諏訪東京理科大学公立鳥取環境大学※F群とはFランク大学という意味ではなく、国立大学の中では下位グループになってしまうという意味です。

ここから先は、個人個人がどうしていくのかが問われていくのかもしれない。地元の人と同様に、参加アーティストらもまた生きることに必死である。しかしながら、この試みは、近い将来の腰の座ったプロジェクト実現への可能性を残したし、福知山と大京都の舞台はそれを若いアーティストに与えることができたのではないだろうか。しかしながら、アーティスト?イン?レジデンスがアーティストにチャンスを与えるものであり、大京都はかつて京都府が取り組んだ地域の文化的?創造的活動を牽引するキーパーソンを発掘する「大京都」プロジェクトからの発展として、地域、マチの人に焦点をあて、マチと協働で取り組むアートフェスティバルとして計画されていることの意義は大きいと考える。

これまでまるで縁のなかった京都の、福知山をきっかけにして。同じく県内で冷ややかに見られていた04年に開学した創造学園大学があったが、こちらは13年に廃校となっている。池永のプロジェクトでも人工的な都市開発と自然、人と自然、アートとマチという軸が貫かれ、相反するものが一体になっている様にこだわり続け、悩み続けているありのままであった。藤浩志& 2/2fujistudio.coは、作品を介在させることによって、マチの姿に焦点をあてようとしていた。その現象は自信をもたらしたり、その人自身を再評価、見直すことにつながっていく。定員割れしていた地方私立大がよみがえったケースがある。

実際、それまで私立大だった地方大学が公立化すると、その年の倍率は前年度から極端に跳ね上がる。この福知山での実験は、私の個人的で長期的なプロジェクトの始まりを予感している。さらに、時間をかけると効果は倍増する。私自身、このプロジェクトの同伴者として福知山に2年間のうち複数回訪れるなかで、初めての訪問で知ることになった場所と、いま“知っている”場所の数は増えたし、その内容も色濃く、もっと知りたい興味に変わっている。具体的には入試のレベルを下げませんでした。国公立大学ランクの格付け。アーティスト?イン?レジデンスの手法を取り入れた京都:Re-Search、続く大京都というアートフェスティバル。

。ところが現在、共愛学園前橋国際大学は群馬県内でトップ私大と目され、県内の高校教員からは高く評価されている。このふたつは似ているようでいて、運営の手法も目的も異なる事業の組み合わせである。文化芸術事業を設計する際には、タイミングと状況を見誤らないように、どうか気に留めておいてください。だから、よきことであるはずのこれらの一瞬を、時間をかけたマチの変化にまでたどりつくように。とてもではないが進学先として勧めてくれるわけがない。場所と関係を結んだことで、狙いなのか予期せぬ出来事だったのか、「場所と時間」にスポットライトがあたった。アーティストは、この作用を起こしたいタイミングや状況に並走すると効果抜群であり、タイミングを測るのは、地域や地域のだれかにイニシアティブがある。

19年も千歳科学技術大学北海道が公立化を予定しており、さらに今後も公立化の波は続きそうだ。「資格特待生制度も注目され、優秀な学生も入ってきました。京都の小さなマチをそのまま鑑賞空間にしたかったかのような、迫る野望はそのままながら道端の草花のような佇まいであった。そのため、自治体の財政負担は重くなるわけではなく、学費も私大よりは抑えることができる。滞在制作期間をほぼ福知山で過ごしたアーティスト、京都市内から定期的に通ったアーティストなど滞在時間は様々ではあったが、おそらくひとつの地域、自分のプロジェクトに集中的に向き合ったことだろう。

本来、藤浩志は、人が生きていく営みのなかで「生まれてしまうもの」「生み出してしまうもの」をあっさりと捨てたり、放置することなく執拗に集め、新しい形を与える活動を続けている作家であり、藤のアーティストとしての営みそのものはいつも半端ない凄まじさで迫ってくる。アーティストの頭の中にあるだろう底知れないブラックホールのような空間を同時に体験しているようでどきどきした。16年に公立化した福知山公立大学京都府は前年の受験者がわずか73人、競争率は1.0倍だったが16年には1540人、17.1倍一般入試に跳ね上がった。映像作品としての完成度を満たすための精査や作業を今後に期待しつつも、このプロジェクトは大京都という舞台を離れては再現が叶わないだろうと思われることも加味し、ちょっと奇跡的でサイトスペシフィックなプロジェクトとして評価したい。

HIMIKOを考えた人は発想が本当に豊かだと思いますね 外部リンクdaikyoto。このリサーチ?プログラムの参加アーティストのうち2名と、藤浩志&2/2fujistudio.coを迎えて2年目の大京都開催にあたっては、新任の地域アートマネージャーと地元のアーティストがコーディネートで加わり、発表に向けた作品制作のための約3ヶ月間の滞在をおこなった。私立大が公立大となっても、運営する自治体の財政負担が増えるわけではない。1年目の京都:Re-Search開催にあたって、前任の地域アートマネージャーが福知山の場所と人を最初に見出し、ツアーを仕立てた。外からやってくるアーティストまたはアートプロジェクトの効果は、地域に、そこに住んでいる人の潜在力に刺激を与えて新しい活動のきっかけを与えることであったり、足を踏み外すというと悪く聞こえるのだが、いつもやらないことをうっかりやってしまう、そのときそもそもの能力を拡張するという火事場の馬鹿力が発動することによって、「こんなこともできるんだ」「自分はこんなふうに感じるんだ、とか考えるんだ」とか、自分自身の輪郭が柔らかく膨らむんだということを実感するというのがよくおこる。

この差異は主催、運営現場ともにもう一度丁寧に見直しを行う必要がある。このプロジェクトが興らなければ、福知山の地名はよく知っていても、マチを知ることはなかっただろう。アートフェスティバルのコンテンツとしては、さらに精査と技術が要求されるだろう。福知山においては、いつもの凄みが抑えられほほえましくマチの営みに同居していた。「アートと地域」とは、私個人と地域の関係を再構築するということなのではないだろうか。夏池風冴は、鬼についてリサーチし、パフォーマンス作品を映像化しアウトプットとしてインスタレーション作品を制作した。ただ、一番は教育だと自負しています。

現在は1年間のみやコース制度の整備などが大きな成果をあげた。言ってしまえば、国家や行政区分や地域やコミュニティではなく、アートはとてもパーソナルなエリアで起こるものだ。すでに見切り発車で実験的に開始したのだが、由良川とその氾濫?災害と共存しようとした福知山の歴史や、商業の中継点であったことを物語る小さな旅館群の存在には心惹かれ、大京都の際には「ボートハウス_福知山の家と船」という簡易宿泊所のプロジェクトを始めてしまった。リサーチ?プログラムではただの旅人レベルであったアーティストが、2年目の大京都では生活者であった。池永梨乃は、タマムシに姿を変え、生活とパフォーマンス作品を一体化させようと試みた。

私自身も福知山の町村合併の事情や歴史的な背景、出来事の深さに驚いたのだが、この縦軸にも横軸にも伸びるすべての要素を「鬼」の気配でつなぎ合わせ、地理的に、時間的に自由に移動させることに成功した。期間中ほぼ福知山に暮らしたアーティストは、制作のかたわらアルバイトもしていたという。地方大学で今、トレンドとなっているのが私立大の公立化だ。なぜ定員割れだった共愛学園前橋国際大学は復活できたのか。しかし、大森昭生学長は「教育力」と話す。2009年の高知工科大学を皮切りに、地方私大が次々と公立化した。共愛学園前橋国際大学群馬県は1999年の開学。そこを出発点に6名のアーティストが2週間をかけて、福知山を縦横無尽にリサーチすることができた。

小田井 真美さっぽろ天神山アートスタジオ AIRディレクター / 文化芸術事業設計就職にめっぽう強い「地方大学?学部30」。下げてしまうと、それだけ学生のフォローができなくなります。しかしながらパーソナルな関係は長期的に続いていく。1年目にアーティスト?イン?レジデンスの拠点としてお借りした集会所を、ご縁を頼りにまたお借りしたのだ。やみくもな学生集めに走るのではなく、学生をしっかり育てることで社会的責任を果たしたのです」現在では、地元の高校からも企業からも高く評価される大学に変身した。受験生やその親、進路指導の高校教員からみても公立化は悪い話ではない。

資格特待生制度推薦?一般入試合格者のうち、実用英語検定2級、情報処理技術者試験、日商簿記2級などの取得者に対して授業料全額を免除。超ミニマムな成果ではありますが笑、私はまた福知山に来たいと思っているし、機会があれば何かプロジェクトができないだろうかとさえ思うようになっている。翌年には早くも定員割れとなり、群馬県内の高校教員からは冷たい目で見られていた。作品が置かれたそれぞれの地区は選ばれた場所が秀逸であり、アーティストの指示ではなく、自然におこったという会場をガイドする地元の人の語りが加わって「場所」が立ち上がるのを実感した。

長期的に福知山に身を置き、住民とは異なる生活者の視点でマチと一体になろうとしているかのようだった。自治体が公立大に支出する運営費交付金には国からの地方交付税交付金が充てられる。また、作品鑑賞空間を4か所に置くという大技である。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です