Press "Enter" to skip to content

史上最強の軍事帝国アメリカを 武力でアメリカを倒せる国はこの世界に存在しますか

「史上最強の軍事帝国アメリカを。防衛省?自衛隊:日米安全保障体制の意義。「知らなかった」では遅い。

武力でアメリカを倒せる国はこの世界に存在しますか?

 こうして発言していると「国際協力より自衛隊員の命が大事なのか?」などと質問も来ます。 日米安保体制は、防衛面のみならず、政治、経済、社会などの幅広い分野における日米の包括的?総合的な友好協力関係の基礎となっています。詳細な計画は「秘密」で、国会には報告もされません。日本の消費者はおとなしい。そして、農業から製造業へ、さらに製造業からサービス業へという国民経済の主役の交代は、とっくの昔に確認された不可逆的な変化であって、今さら逆戻りはできないのだ。 日米安保条約第6条では、米軍に対するわが国の施設?区域の提供の目的として、「日本国の安全」とともに、「極東における国際の平和及び安全の維持」があげられています。

また、日米安保体制を基調とする日米両国間の緊密な協力関係は、わが国の周辺地域の平和と安定にとって必要な米国の関与を確保する基盤となっています。それからは、金属やエネルギー資源の価格が、中国1国の爆買いによって急騰していた。死のリスクがあれば入隊者は減り、そうなれば次は一般国民が動員されます。だが、世界が徐々に戦争のない社会へと進んでいる中で、毎年2位以下に大差をつけて巨額の国防費を計上しているアメリカ陸海空軍海兵隊と連邦政府は、次第にこの巨額支出を正当化する論拠を失いつつある。こうして見てくると、本州、九州、四国、北海道、奄美諸島、琉球諸島のすべてが四囲を海にかこまれ、他国とのあいだにほとんど領土を侵したり、侵されたりの歴史がなかった日本は、すばらしく幸運な国だったことが分かる。

しかも、激甚な自然災害を論じているのではない。実弾が飛び交う中をほふく前進する訓練も。 「いまいちばん安倍首相に怒っているのは、自衛隊員とその家族でしょう」。 また「周辺事態法」を「重要影響事態法」として改定しますが、その際「我が国周辺の地域」や「周辺事態」の文言は消去。経済全体のサービス化とともに、どこの国でも国民経済の輸出依存度は下がり、内需依存度が上がる。だが、アメリカでハイテク?バブルが崩壊し対中輸入の伸び率が劇的に低下すると、輸出中心の高度成長を維持できなくなった中国が、国内投資に全面的に依存した経済成長の維持を目指すようになった。

この現象は、本来であれば、世界中の労賃が低賃金国の水準にさや寄せされていくことに対する自然な防壁になる。 海外で戦争するようになれば、自衛隊員だけの問題ではすみません。 国民ひとりひとりに関係する話なのです。憲法解釈を変え、集団的自衛権を行使しようという、昨年春から浮上した動きがきっかけでした。 国際社会の平和と繁栄は、わが国の平和と繁栄と密接に結びついています。当選した議員が「アメリカ国民」一般のための政策を推進していると回答したのは20%だけで、78%は「金持ち」のための政策を推進していると回答している。このへんが、産油国の密集している地域の外交?軍事的緊張をいっそう高めているのだろう。

こう語る井筒高雄さんは、元自衛隊員の立場から戦争政策の危険性を語っています。一方、世界最強の軍事力を誇るアメリカという植民地型利権社会は、いったいだれがどうやって倒すのだろうか。昨年、中?高の三年生に自衛隊の募集資料が届いたのもその流れです。すべて決まってしまってから国民が「知らなかった」と言うことになってしまわないかが心配です。サービスは、同じときに同じ場所に需要家と供給者がいて、その相互交流がなければ成立しないタイプの「生産」活動だからだ。レンジャー行動には少しでも多く弾薬を担ぐために食料を持たずに出ます。野で蛇や蛙を捕って食べる訓練や、捕虜の尋問の仕方、人の殺し方、敵に捕らわれた時の秘密保持などを教育されました。

どこの国であれ、カネを払って買うことのできない資源を力ずくで奪い取るための戦争はあり得たし、日本が第二次世界大戦に突入したのも、これが大きな理由となっていた。その最大の理由は、日本での売上激減をきっかけに、成長地域だった東アジア一帯で業績が急落していることなのだ。自衛隊の中でも最も厳しい訓練を受け、遊撃戦を遂行するプロフェッショナルです。一方、たった一度でも他国に植民地として支配されたことがある国は、人工国境国家でしかありえないことになる。ましてや、わが国が独力でこのような態勢を保持することは、人口、国土、経済の観点からも容易ではなく、必ずしも地域の安定に寄与するものではありません。

自衛隊に入る際、「日本を直接侵略、或は間接侵略から身を呈して守る」自衛隊法と服務宣誓します。そして、彼らにとっては金持ちだけがアメリカ国民なのだろう。その最大の理由は、資源確保のための戦争がほとんどありえなくなった現代世界で、イデオロギーや食料確保のために戦争が起きるという議論にはあまりにも無理な飛躍が多すぎるという事実だ。あとはもう、貧乏人がいつまでこの異常なまでの金権政治を耐えるのか次第で、この軍事帝国の寿命が決まるだろう。ところが、今、マクドナルドが創業以来で何度目かの深刻な危機に瀕している。有事には徴用の対象になるからです。

 国際平和協力法国連PKO法を改定し、PKO活動のほか人道支援や治安維持安全確保活動を新たに位置づけ。今後の経済はどんどん製造業を中心とするモノづくり産業の比重が低下して、サービスを提供する産業の比重が上がっていく。 どんな軍事作戦でも「死ぬ要員」が一定数必要です。わが国としては、このような米国の軍事力による抑止力をわが国の安全保障のために有効に機能させることで、自らの適切な防衛力の保持と合わせて隙のない態勢を構築し、わが国の平和と安全を確保していく考えです。 そうしたことを知る私は、今の政治状況を見ていて、「やめといた方が良いよ、頼むから九条は残そうよ」と思っています。

災害が起きても、戦争中であれば、これまでのように自衛隊が救援に出なくなる可能性も。モノづくり産業からサービス業への労働力の移転は、企業経営と株価にとってプラスだということをはっきり示している。防衛省?自衛隊:日米安全保障体制の意義。死亡事故もあるため訓練は遺書を書くところから始まります。「それでも武力を選ぶのか、武力以外のアプローチにするのか、議論すべきではないか?」と、答えています。 戦争立法は「歯止め」がどう、などと攻防があるように報じられていますが、細かい事はどうあれ、着地点は自衛隊が米軍やその同盟軍とともに海外で戦争する戦争当事国になるということです。

 また、行き先は「非戦闘地域だけ」という制限も解除。 陸上自衛隊のレンジャー隊員でした。私もしました。そもそも1980~90年代の商品市況は世界的な経済サービス化の影響で慢性的に低迷していた。徴兵制なのか、アメリカ式に経済的に軍に誘導するのかは分かりませんが…。帰還兵のアルコール依存、自殺、犯罪などのリスクも社会が負うことになります。アメリカの民主主義なるものが、「金持ちの、金持ちによる、金持ちのための政治」だということについては、完全に認識が共通している。そして、内需拡大のカギは消費者全体の所得向上もさることながら、限界消費性向の高い比較的所得の低い層の底上げを図ることだ。

こんなに大勢の人間を悲惨な境遇に追いやる現象について、善悪を論じないのなら、いったい世の中に善悪を論ずる意味のあることはあるのだろうか。それが海外で、日本の防衛とはまったく無関係のアメリカの圧力による軍事行動で死ぬなど、明らかな服務宣誓違反で、絶対嫌だと考えたからです。金も時間もかけて養成したエキスパートが簡単に死んでは困るので、経験の少ない若い人がコスト的に向いている。 私は自衛隊をカンボジアに送るPKO法案が決まった一九九二年に自衛隊を依願退職しました。 この集団的自衛権の行使を「武力攻撃事態法」に記載。また一括法は、これまで憲法九条に歯止めされていたアメリカへの戦争協力をどんな時も可能にします。

まさにこの現実を実証している。本当に戦争するつもりなら、政府はもっと具体的な事を国民に示すべきだし、メディアも追及すべきです。めったに不買運動の音頭を取るとか、集団訴訟を起こすような消費者は出てこない。 第二次大戦後の「集団的自衛権の行使」は、大国が小国の利権を押さえる形のものでした。世界中の労働者の賃金が、最低賃金国の水準に平準化するのは、「善しあし」を別にできる性質の話だろうか。 自衛隊を常時海外派兵できる状態にしておくには、隊員の確保とともに防衛予算の大幅増額も必要です。 このため、わが国は、民主主義、法の支配、人権の尊重、資本主義経済といった基本的な価値観や世界の平和と安全の維持への関心を共有し、経済面においても関係が深く、かつ、強大な軍事力を有する米国との安全保障体制を基調として、わが国の平和と安全を確保してきました。

しかも、直接の原因は、マクナゲットに異物が混入していたことでもなく、経営幹部の謝罪が遅れたことでもなく、やっと行った謝罪会見が誠意の見られない「マニュアルどおり」の対応だったことに日本の消費者が怒ったことだった。木下直子記者 「戦争立法」関連法案は、新設する「国際平和支援法」と、これまで存在していた一〇の海外派兵法や有事法制をまとめて改定する一括法「平和安全法制整備法」の二本で構成されます図。アメリカ軍と多国籍軍では、多国籍軍の方が狙われていることも分かっていて、死者は非戦闘中や後方支援の方が多い。 「後方支援」はれっきとした戦闘行為ですが、これまで政府は「憲法違反の武力行使」だとみなされぬよう、弾薬の提供や出撃前の戦闘機への給油などは避けてきました。

 特に、自衛隊と米軍は、日米安保体制のもと、平素から様々な面での協力の強化に努めています。 住民等の「警護」任務を規定し「その他特定の区域の保安のための監視、駐留、巡回、警護」も行います。こうした手段で和平が成功した事例はありません。 わが国の周辺地域には、大規模な軍事力を有する国家などが集中し、核兵器を保有または核開発を継続する国家なども存在します。 これまでアフガニスタンやイラクへの自衛隊の派兵は、期限を定めた特別措置法で行われましたが「国際平和支援法」の新設で、随時?恒久的に派兵が可能に。また、パワーバランスの変化にともない生じる問題や緊張に加え、領域主権や権益などをめぐり、いわばグレーゾーンの事態が生じやすく、これがさらに重大な事態に転じかねないリスクを有しています。

さらに国会での議決は衆参議会それぞれ「七日以内」としています。世界中で日本だけが、縄文時代という「未開以上、文明未満」の時期を、約1万年にわたってほとんど戦争も飢餓もない平和な時代として過ごせた最大の要因も、この自然国境のおかげだったのではないだろうか。これは、わが国の安全が、極東というわが国を含む地域の平和や安全ときわめて密接な関係にあるとの認識に基づくものです。すなわち、侵略は抑止されることになります。隊員の日常生活を制約し、環境整備をしなければなりませんし、戦死や負傷などへの補償も充実しなければなりません。 集団的自衛権は、自分の国が攻撃されていなくても、他国の武力行使に参加することです。

しかし、2013年以降は、明らかに中国の資源浪費型経済成長が維持できなくなり、中国による市況商品の輸入量が激減した。しかし発動条件はあいまいで、政府の考え次第で際限なく広がります。また、狭い地域内にさまざまな言語?人種グループが錯綜して存在し、国境は経済力?軍事力の強い側が、自分たちのつごうのいいように線引きをして、周辺諸国に押し付けるものだという人工国境概念が非常に早い時期から確立されていたヨーロッパは、世界各地の中でもっとも頻繁に戦争の起きる土地柄でありつづけた。 現在の国際社会において、国の平和、安全および独立を確保するためには、核兵器の使用をはじめとする様々な態様の侵略から、軍事力による示威、恫喝に至るまで、あらゆる事態に対応できる隙のない防衛態勢を構築する必要です。

具体的には、日米安保条約第6条に基づき、米軍に対してわが国の施設?区域を提供するとともに、同第5条において、わが国に対する武力攻撃があった場合、日米両国が共同して対処することとしています。そして、この状態は企業経営者や株価には好都合だが、国民経済全体にとってはマイナスだ。15世紀半ばからのヨーロッパ諸国による世界のほとんどの地域の植民地化が、どれほど大きな問題を残したかを考えれば、ヨーロッパの弱体化は大歓迎すべき事態だろう。こうした緊密な連携は、海賊対処など各種の国際的な活動において自衛隊と米軍が協力するうえでの基盤となっており、日米安保体制の実効性を高めることにもつながっています。

世界経済が着実にサービス化していくということは、こうした文化障壁によって、先進国勤労者の賃金が発展途上国勤労者の賃金にさや寄せされていくことを防ぐはずなのだ。 現在、国際社会における安全保障上の課題として、大量破壊兵器や弾道ミサイルの拡散、国際テロ、海賊行為などへの対応があり、また海洋、宇宙、サイバー空間の安定的利用に対するリスクが新たな課題となってきています。まさかと思っても実際に、経済同友会の幹部が「自衛隊に入った人には、奨学金の返還を免除しては?」と昨年八月、文部科学省の会議で提案しています。こうしたグローバルな安全保障課題に一国で対応することはきわめて困難であり、関係する国々が平素から協力することが重要です。

昨年七月に安倍内閣が憲法解釈を変える閣議決定をするまでは、平和憲法を持つ日本がこれを行使するなどありえませんでした。史上最強の軍事帝国アメリカは、白人たちの惹き起こす人種間武力紛争がきっかけとなって内部崩壊にいたる可能性が高そうだ。 派兵についての事前承認について。 自民?公明両党は、平和安全法制の全条文に合意し、国会での審議につきすすんでいます一三日現在。自ら引いた一線も踏み越えようとしています。世界最強のアメリカ軍ですら不可能な人質救出を、自衛隊の海外派兵で「可能だ」と語る安倍首相は、軍事作戦のリアリティーを何ひとつ分かっていない最悪の指揮官です。

したがって、わが国が、卓越した活動能力を有する米国と協力してグローバルな安全保障環境の一層の安定化のための取組を進めていくことにより、わが国の平和と繁栄はさらに確かなものとなります。そして、サービスのやり取りはことばや生活習慣などの文化的背景を共有していなければ成立しないものも多い。しかしながら、米国でさえ一国のみで自国の安全を確保することは困難な状況にあります。ヨーロッパの崩壊は、早ければ6月にイギリスで行われる国民投票でEU脱退が可決されると同時に始まるかもしれない。民医連のように戦争に反対する所は邪魔なので、真っ先に送られるかもしれません。

あわせて、国内外の施設や海外の日本人が攻撃対象になる危険性も。まず、なぜアメリカは近代市場経済の中で世界覇権を握った国々の中でも、あれほど露骨な利権政治が横行する情けない国になっているのかという根本を自覚すべきだ。後世のマーケティング史には、この事件がアメリカ型大企業によるサービス業画一化の攻勢が終わり、やはりサービス業は資本力の高い巨大企業より人間的な対応の可能な中小企業の乱立のほうが健全だという大きな流れを生むきっかけとなったと記録されるのではないだろうか。「そういう国にしちゃって良いの?」という問いがいま、突き付けられています。

世界中に自衛隊を向かわせるために地理的制限を取り払います。 海外の戦闘で通用する技能や力量のある自衛隊員は二四万人のうち数%です。政府が準備している法案とは? また、実名を公表し戦争政策に反対する元自衛隊員?井筒高雄さんのお話から考えます。紛争地で他国部隊の要請に応え、外敵の攻撃に反撃する「駆けつけ警護」も規定。しかし安倍首相は今年三月「戦闘現場でなければ、どんな内容の支援でも武力行使でない」と国会で答弁。だとすれば、企業経営者や金融業界の取り分を減らして、薄給に放置されてきたサービス業雇用者の賃金給与を上げることは理にかなっている。

 国際平和支援法は、アメリカ軍が主導するあらゆる多国籍軍への自衛隊派遣を、形だけの国会承認で政府にゆだねてしまう「海外派兵恒久法」です。このような体制は、韓国、オーストラリア、タイおよびフィリピンなど地域諸国と米国の間で構築された同盟関係や、その他の国々との友好関係とあいまって、アジア太平洋地域の平和と安定に不可欠な役割を果たしています。他国軍との共同巡回中などに攻撃された場合の反撃を想定。今後は資源戦争が起きなくなる理湯は単純明快だ。自国が輸出している資源を産出する国を片っ端から征服して、唯一の供給国になるというのは、お話としてはありでも、成功の可能性は限りなくゼロに近いだろう。

「任務遂行」のための射撃を認めます。この結果、相手国は侵略を行えば耐えがたい損害を被ることを明白に認識し、わが国に対する侵略を思いとどまることになります。もっと簡単に言えば「日本がアメリカのパシリとして戦地でがんばる」ということです。日米安保体制を中核とする日米同盟関係は、わが国の外交の基軸であり、多国間の安全保障に関する対話?協力の推進や国連の諸活動への協力など、国際社会の平和と安定へのわが国の積極的な取組に役立つものです。閣議決定や首相の指示なしで戦争の当事者になる危険があります。そういう目的を持って、そういう給与体系にしようとしている一握りの大富豪?超富豪たちと、その他のごく平凡な大多数の人間とのどちらの言い分がとおったほうが良い世の中になるかという話なのだ。

このような中で、日米の緊密な協力関係は、わが国がこのような課題に効果的に対応していくうえでも重要な役割を果たしています。「史上最強の軍事帝国アメリカを。今週はこの問題を考察して、このシリーズの最終回としたい。 また、自衛隊の武器を防護するための武器使用自衛隊法九五条を、他国軍の防護にも適用。この米国の日本防衛義務により、仮にどこかの国がわが国に対して武力攻撃を企図したとしても、自衛隊のみならず、米国の有する強大な軍事力とも直接対決する事態を覚悟しなければならなくなります。武器使用基準を大きく拡大。民医連新聞 第1596号 。

だが、本気で怒らせたら、多少安売りのときの値引き幅を拡大する程度のことではほとんど戻ってこない。若い兵士を将棋の歩のように最前線で使うのです。「戦闘現場」でも活動します。 医療関係者にも大いに関係があります。だが、資源輸出国が、安値でしか売れない資源を高値で売りつけるために輸入国に戦争を仕掛けるということはあり得ないからだ。戦闘では必ず死者が出ます。アメリカの要請にすみやかに応じ、戦争参加してゆく仕組みです。自衛隊は一〇代?二〇代の充足率が七割程と少なく、若者の入隊を増やそうと必死です。「知らなかった」では遅い。「アメリカ国民のため」と回答した20%の大部分は、所得や保有資産で上から20%に当たる金持ちとほぼ重複しているのだろう。

それは、ほとんどが植民地的な人工国境国家でありながら、親米産油国と反米産油国は、グローバリズムの受容度では対極にあるという事実だ。中国の資源爆買いが長期的に持続すると見て設備能力を拡大してきた資源国では、慢性的な供給過剰となって、叩き売り競争をしている。その内容は、“平和”や“安全”とは対極の「戦争立法」です。こうした安全保障環境の中で、わが国に駐留する米軍のプレゼンスは、地域における様々な安全保障上の課題や不安定要因に起因する不測の事態の発生に対する抑止力として機能し、地域の諸国に大きな安心をもたらすことで、いわば公共財としての役割を果たしています。

つまり、モノづくり産業は労働力を高く買っていたが、サービス業は労働力を安く買いたたいているのだ。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です